三階建住宅の環境とは

居住環境が向上する三階建て住宅

安全性が向上している複数階住宅

住宅業界では、居住環境の向上や狭小敷地の有効活用の為に大手ハウスメーカーなどでは三階建ての企画商品が数多く企画され、実際に年々着工数が増加しています。特に都市部では、隣の家と充分なスペースを確保する事が難しい為、太陽の光を充分に取り込む事が難しいとされ、高さ制限いっぱいの建物を建築し採光や開放感を実現しています。又、東日本大震災以降地震に対するハウスメーカーの認識だけで無く、マイホームの建築を夢見る施主の認識も改められ、地盤改良や免震構造、耐震構造などの地震対策を施した安全性能の高い複数階の住宅が増加しています。

三階建て住宅はメリットがある?

三階建ての住宅は、今では一般的となっています。敷地の狭さや建ぺい率などの理由から、二階建てよりも、より狭い土地を有効活用できるために増えているのです。狭い土地でも、部屋数を多くすることができるので、都会に多い物件になりますが、狭い土地に建てることが多いので、家自体の価格も低予算で買えるメリットがあります。しかし、やはりデメリットも実際にはあって、狭小住宅になることが多い三階の家では、階段が急であったり、各々の部屋自体も狭くなってしまうことがあるのです。老後の暮らしを考えると、階段が三階まである家では不便になりますが、子供を育てる世帯には、安くて部屋数の多い物件は魅力的であることは間違いありません。

↑PAGE TOP

Menu