三階建住宅の選び方

三階建て住宅の選び方

三階建て住宅は間取りをチェック

土地の少ない日本では、三階建ての住宅を検討する場合も多くなります。しかしその際は、そういった建物ならではの選び方があります。では、どんなところをチェックしておくと良いのでしょうか。まずもっとも注目したいのは間取りです。建物のフロアごとの床面積は小さくなりがちなのが三階建ての住宅なので、間取りはどうしても複雑になりがちです。特に、役割や用途ごとに部屋がレイアウトされていても、実際は動線が複雑になっていたり、一部の部屋に光が入りに九九なっていたりという事はあり得ます。しかし、逆に言えば間取りをしっかりチェックしておけば、より良いマイホームを手に入れられるという事になるのは間違いありません。

住宅で三階建てを建てる場合

住宅で三階建てを建てる場合というのは敷地が広ければ平屋建てでも建てられますが、都心などの地価の高いところでは狭い敷地しか手に入らない場合があり、その場合は1階の建物内部に車庫を取り込むこともあります。住宅を建てるには用途地域ごとに建蔽率や容積率、あるいは高さ制限を受けることもあります。狭い敷地では敷地を有効利用する必要があり、居住スペースからはどうしても1階を車庫にしたり店舗や賃貸と併用で使うことも出て来ます。移動は階段を使いますがエレベーターを設置することも出来ます。省エネから屋上部分を緑地化することで冷房の負荷を減らすことができて節電にも役立ちます。

↑PAGE TOP

Menu