住宅の三階建て賃貸

住宅の三階建てを建てる場合

住宅では有効利用も考えられます

住宅の三階建てを建てる場合は一部を賃貸に供したり、一階部分を車庫にしたり店舗にすることも行われています。敷地が狭くても土地の地価は高く固定資産税もそれなりに毎年かかって来ることになります。一階部分を車庫にする場合には二階と三階部分が居住スペースになり、趣味を生かした工芸の店や喫茶店を開店したい場合には、入店のしやすさからは一階部分を店舗にして二階や三階部分が居住スペースになります。住宅の三階建てで一部を賃貸に供する場合には、階段の上がり降りも相当重労働になりますので一階と二階あたりを居住スペースにしてそれから上を貸すのが無難なのではないかと思われます。

低コストの三階建て住宅

宅地の狭小化によって、縦の空間を活用する住宅が増えています。三階建ての住宅も珍しくなくなりましたが、階数が増えると気になることは建築費の問題です。費用の節約に役立つのは、建材だけではなく、水道の配管に着目した間取りの作成です。配管が長くなるほどコストも上がりますが、これをできるだけ短くするような間取りにはどのようなものがあるでしょうか。水回りをできるだけ下階に配置する間取りを取り入れる直接的な方法や、入居後の生活におけるランニングコストを重視するなど、長い目で役に立つ光熱費を削減できる間取りを取り入れる方法があります。

↑PAGE TOP

Menu